「ムームーを普段着へ」

ごあいさつ

オキナワムームーの店ラ・セーヌのホームページにお越しいただきありがとうございます。店長の平良みどりと申します。

当店は店名にも掲げている通りムームーを専門店として取り扱っているのですが、きっと「ムームーの専門店?」と驚かれたかもしれません。

沖縄でもムームーの専門店は数少なく、珍しいですからね。ただ、ムームーの専門店を営んでいるのはちょっとした理由があるんです。

当店は沖縄県沖縄市の一番街商店街というアーケード内にある店舗でして、私で3代目にあたります。

もともとは衣料雑貨を扱う店舗だったのですが、私の母にあたる2代目がお店を受け継ぐともに洋裁店へと業態を替えました。

ちょうど、そのころは近くの店舗でもムームーが販売されていたのを今でも覚えています。

しかし、時代の流れと共にムームーは段々と着られなくなり、取り扱うお店が少しづつ、けれど確実に減っていきました。

そんなある日、ふいに私たちのお店にやってきたお客様がこう呟きました。「ムームーある?私あの着心地が好きなの」と。

この言葉を聞いたとき、私は思ったのです。「確かにムームーを着る人は減っているけど、でも求めている人がいないわけじゃない」と。

そこで、沖縄の商品を扱いたいという想いもあり洋裁店から業態を替えいまの「ムームー専門店」となりました。

ただ、ムームーの専門店として再出発したからと言って、ムームーを取り巻く環境が変わったわけではありません。

現在の沖縄でムームーと言えば、女の子が小さいときに着せられるもの。あるいは部屋着。または観光客がお土産として買うもの。

そんなイメージが強いのではないでしょうか。

そう、お出かけや遊びにいくときなど、普段着る服というイメージではないのです。

でも、専門店としてムームーと向き合ってきたからこそ感じるものがあります。ムームーは普段着で着れるぐらい女性の美しさを輝かせてくれるものだと。

そこでオキナワムームーという名称にてオリジナルのムームーを開発したりと、この文化が残っていけるよう現在取り組んでおります。

よろしければ、ぜひ当店に足をお運びムームーの持つポテンシャルを再発見してほしいなぁと。そう願ってやみません。

ぜひ、お店に遊びにきてくださいね。あなたがお越しになることをお待ちしております。